今 日 も 世 界 は 広 が っ て ゆ く
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しゃもじとしょんぼり その2
2008年07月01日 (火) | 編集 |


動画うpできました。
なぜか15秒から先の音がありませんが…。
私と恋人のバカ笑いが入っていないのでむしろよかったかもしれません。
「ちょ・・・やめ・・・・」って顔のしゃもじさんをお楽しみ下さい。


ちなみに、ストローじゃなく口で息を吹きかけても効果はありません。
ドライヤーが大嫌いなのですが、何か関連があるんでしょうか?


今日から3ヶ月です。
ティッシュの虐待は治まりつつありますが、猫運動会の始まりな(゚∀゚)ヨカーン。
じっとしてないのでなかなか写真が撮れません。
スポンサーサイト

しゃもじとお薬
2008年06月20日 (金) | 編集 |


スネーク「大佐!ばっちゃの部屋の中に潜入した!」
大佐「スネーク!今回はばっちゃの非常食チョコレートを入手するのが目的だ!くれぐれも無茶はするなよ」
スネーク「だめだ大佐!ばっちゃの指使いの誘惑に勝てそうにない……」
大佐「しっかりしろスネーク!スネーク?スネェェェェェーーーーク!!」
スネーク「はっ!大丈夫だ大佐!全く、本能というものはやっかいだぜ…」
大佐「全く、気をつけろスネーク…では健闘を祈る」
スネーク「了解だ大佐。任務を続行する」

ちなみに、最近ゴミ箱にすごく興味があるらしく
気が付くとゴミ箱が倒されて中のゴミが散乱しています。
どうにかならないものか。
あと、トイレがクッキー缶じゃ小さくなってきたので100均の洗い桶に変えたのですが、
砂が気持ちいいらしく、トイレの中でくつろぐ姿を見かけます。
私「しゃもじさんそれトイレなのよ・・・?」
しゃ「c⌒っ゚д゚)っ ・・・・?」

↑こんなかんじ。


しゃもじのおなかの調子ですが、病院行ってからまだ1回も出しません。
おしりの汚れがなくなったんで下りは収まったのかなー?と思ってます。
0620-1.jpg   ←しゃもお薬
先生が「甘くしといたから飲むと思うよー」と言ってたのですが、
本当においしいみたいで「もっとくれもっとくれ」ってなってます。
快方に向かってよかったですホント。
「子猫の下痢=早くなんとかしないとやばい」と思ってたので結構心配してたので…。
あったかい肉球をふにふにしながら「よかったねぇ~」と思うのでした。




全然話とびますが、昨日からずっとブラック★ロックシューターをループしまくってます。

プラグインにミクのパーツ置くほどミク好きなのですが、これは久しぶりに自分の中でヒット。
オタですみませんほんとに。
カラオケに入らないかなー。

しゃもじとおねむ
2008年06月12日 (木) | 編集 |

眠くて眠くてしょーがないしゃもじさんで遊んでみました。

ごはん→暴れる→寝る→ごはん→暴れる→寝るのループなまいにち。
改めて、「ネコ」の語源が「寝子」ってのは本当だろうなーとか思います。

0612-1.jpg  右側の名前は「ちゃわん」です


しゃもじさんがふすまを開けることを覚えました。
びっくりです。
先代はかなり大人になってからやっと覚えた
(しかも覚えてからもなかなか自分では開けずに「あけてー」と鳴く子だった)のに。
賢いのか、それとも野良の血なのか・・・。
隣の部屋とのふすまが、テレビのコードか何かでピッチリと閉まらないんですよね。
だからそこに手をかけて開けてしまうのです。
隣の部屋はしゃもじが隠れちゃう場所がたくさんあるので、
もう少し大きくなるまではあまり自由に一人で出入りしてほしくないんだよなぁ・・・。
どっかハマって出てこれなくなったら困るしっていうか発見できなくなりそうだし。



★今日のしゃもじさん★ 体重782g
 →ばっちゃに「おしゃもさん」と呼ばれています(しゃもじの毛布は「しゃもうふ」です)

しゃもじと真夜中のいたずら
2008年06月10日 (火) | 編集 |

しゃもじさんがダッシュするようになりました。

更に最近、ベッドにジャンプしてシーツに掴まり、そのままよじ登ることを覚えました。
それまでも夜中にベッドから落ち降りて、ごちゃごちゃしてる辺りを足場にまた戻ってきたりしていたのですが、ベッド登りというスキルを習得して以来、更に夜中に自由自在に動き回るようになってしまいました。
ゆうべも寝てる恋人が何かされていたようで(私も寝てたし眠かったから目を開けて確認してない)、「なんですか~?」「なんでしょうか・・・」とかいう寝言と何かをカリカリする音がしてました。
私ももちろん被害に遭っており、何度か起こされています。
先日「夜中に目を合わせちゃいけないんだ」と思ったのに、どうやら目を合わせるとか合わせないとかそういう問題ではないっぽい・・・。
朝起きるとティッシュやら本やらがおかしなことに・・・。
まぁいいや、かわいいから。



0610-1.jpg
最近のしゃもさんはなんかいつも変な格好で寝ています。
今さっき寝言いってました。
(*´ω`*)モエー

しゃもじとばーちゃん その2
2008年06月02日 (月) | 編集 |


私の猫好きは確実にばーちゃんから遺伝してるなぁと感じました。
多分、恐らく、絶対に、私もしゃもじと遊んでる時はこんな感じ。
「しゃもちゃ~~おいでおいで~~しゃもぉぉ~コッチコッチ!(;´Д`)ハァハァ」って。
トトロでメイを呼ぶおばあちゃんが如く。
どうでもいいですが、トトロに出てくるおばあちゃんはインパクトありすぎで大好きです。


動画中でしゃもじがカーテンの匂いを嗅ぎまくってますが、
カーテンのあの部分には先代のマーキングの残り香があってそれが激しく気になっているんだと思います。
家の中にある先代の残していったものが、少しづつ片付いていっています。
たまに落ちてる長い毛を見つけては先代を偲んで(´;ω;`)ブワッとなりかけてるんですが、
だんだんそういった物もなくなっていき、悲しみは浄化されるんでしょうかね。
「日にち薬」とはよくいったものですが、しゃもじはその薬が効くまでの鎮痛剤的な役割を担ってくれています。
しゃもじ本人(本猫?)はそんな事思ってないでしょうけど、しゃもじと出会っていなかったらウチの家族は息子はじめ今頃もっと沈んでると思います。
あ、でも先代の代わりってわけじゃないですよ。ええ。
いっぱい癒してくれてるぶん、幸せな猫に育てます。



0602-1
今日のしゃもじさん。
なぜか布団に顔をつっこんで寝ていました。
苦しくないのかそれは。




【追記】
動画へのコメで「兄弟猫はどうした?」ってのがあったのでお答えします。
しゃもじはひとりぼっちで車庫にいたので、お母さん猫や兄弟猫のことは全く分かってません。
保護するまでに子猫の鳴き声を聞いたこともなかったし、
保護してからも近所で子猫を見かけることがないのです(´・ω・`)
大移動中にお母さん猫が忘れていってしまったのか、それすら不明のままです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。